ドンレミーアウトレット北千住店 荒川サイクリングロード

荒川サイクリングロードを経由して、ドンレミーアウトレットというデザート屋さんに赴いた。

 

 

 

www.domremy.com

Wha't ドンレミー

 

 

このところ右肩上がりに物価が上昇していく世の中、安くて美味しいデザートをいっぱい食べられるという有難いお店だ。

 

以前にもドンレミー上野店で美味しい思いを経験したが、今回はもっと近場である北千住にドンレミーがあることを知り、居ても立っても居られなくなった。

GoogleMapによれば、荒川サイクリングロードを経由して行けばスムーズに目的地に到着できるとのことで、いつもは横切るだけだった荒川サイクリングロードを走りつつ買ったデザートを食べちゃおうという作戦を立案した。

 

 

 

いいねぇ荒サイ。

道幅が広くて舗装が綺麗だ。

 

 

 

四つ木橋から虹の広場の一部区間しか走っていないのでそこ以外はどうなっているのかわからないけれど、ご近所にお住まいの方々がちょっと羨ましくなるぐらいには良い場所だと思う。

 

行きは途中から北千住駅方面へ降りて、旧日光街道沿いに北上した。

 

 

 

写真右上にある”千住で唯一のボーイズバー”というパワーワードが目印。

それが見えてきたら左を向くと愛らしい”ドンレミーちゃん”がお出迎えしてくれる。

 

 

 

建物自体は道路からパッと見でそれとはちょっとわかり辛い。

一階のここがドンレミーアウトレット北千住店となっている。

 

 

 

店内はかなりこぢんまりとしていたが、やはり色んなデザートが陳列されていて目移りしてしまう。結果、カスタードプリンとプリンアラモードでプリンがダブってしまったが、これはしょうがない。

なんせ写真左下のカスタードプリンは1個50円だからな…これはしょうがない。

 

そして丁度お昼時だったせいか、店員さんがこのカスタードプリンを売り場に積み上げる中、お客のご婦人方がカゴへ山のようにカスタードプリンを入れて持って行く様子を見ることができた。

まるで賽の河原だ。

 

 

 

購入したデザートをベンチか何かに座って食べようと旧日光街道をそのまま更に北上し、荒サイに抜け出る。

土手を登って見れば目の前に広がる虹の広場という絶好の休憩ポイント。

 

www.city.adachi.tokyo.jp

 

 

 

前回紹介したV1305に入れて背負っていたデザートを取り出し早速食べる。

嬉しいことに、プリンは専用のプラケースを付けてくれていたので道中背中でひっくり返ってグチャグチャになるような心配はなかった。

 

 

 

あーやっぱり外で食べると美味いね。

途中何件かあったコンビニに寄って無糖の紅茶でも買えば良かったな。

 

 

 

この虹の広場、何がいいって背の高い草木が生い茂っていないところ。

こういった場所で食事をする場合は虫が寄ってくることとそれを気にして食べることで案外神経を遣ってしまう。

ボウボウに草が生えているのは問題外だが、あえてこうやって芝生程度の広場にしていると、虫の繁殖がだいぶ少なく済むのでそれらの心配が少なくて良い…と思う。

たまたま草刈りが終わったあとのタイミングでここに来れたのかもしれないが、整備の行き届いている公共の広場がご近所にあるというのは羨ましい限りだ。

 

 

 

プリン2個を食べ終え、半タルトはお土産としてそのまま背負って帰宅することにした。

 

日光街道は古くから宿場町として栄えた場所ということもあってか、とにかく周辺に食事処が多かった。ドンレミーに限らずテイクアウトで虹の広場まで赴いて食べるのもこれからの季節とても良さそうな予感がする。

また荒川サイクリングロードを経由して、ゆるアウトドアめしを楽しみに来たいと思う。

 

 

 

やしー!

ありがとうドンレミー